クリエイター プロフィール

金子 豊治郎

金子 豊治郎

ライター
経歴:  大手新聞記者、シンクタンク研究員を経て2006年より東武東上線沿線の地域情報紙「東上沿線物語」発行。現在休刊中も取材活動は継続しています。
一言:  「宝探しが趣味です。人々の知らない、気がつかない隠れた地域の資源を発掘できればと思います。

山田 英次

山田 英次

ライター
経歴: サツマイモ文化研究家(川越いも友の会事務局長)、高麗郡建郡1300年記念事業委員会 事務局長
一言: 地域の文化資産を見直し、活性化を図りたい。

鈴木 香菜子 

鈴木 香菜子 

ライター
経歴: 編集歴10年ですが、まだまだ駆け出しです。興味のあるもの:書籍、本屋、図書館、不動産、歴史、ノルディックウォーク など
一言: ヒキコマを楽しむ人を増やして、一緒に楽しみたい

今井 敏夫 

今井 敏夫 

ライター
経歴: 元毎日新聞社出版企画部長を経て著作活動に入る。歴史群像を中心に、おもな著作は 「明治の清水次郎長」「加賀爪4代記」など多数。最近は歴史ツーリングで、埼玉を中心とした史跡めぐりを行っている。
一言: 埼玉地域は旗本の知行地が多かった。ヒキコマに生きた旗本の歴史と人物を紹介してみようと思う。 

 岩瀬翠

 岩瀬翠

ライター
経歴: 東上沿線物語に寄稿するなど、自分の足で地域を回って物語を発見している。
一言: ヒキコマを歩いて地名の不思議を紐解いていきます。

井上浩

井上浩

ライター
経歴:1931(昭和6)年、埼玉県飯能市生まれ、
旧制の埼玉県立川越中学校卒。東京教育大学経済学科を出て、埼玉県の公立高校の社会科教師として浦和高校に24年、松山高校に12年勤務
1962(昭和37)年から川越へ住むことになったのを機に、農家の古老からむかしの暮らしについてのさまざまな話を聞き、書きとどめるために、余暇を川越地方の農村回りに当てるようになった。
日本いも類研究会会長、元サツマイモ資料館館長

赤木隆幸

赤木隆幸

ライター:川越市在住の歴史民俗研究家(専門:法隆寺、聖徳太子)
高麗浪漫学会理事