会えるアーティスト

ヒキコマに住み、会うことができるアーティストを紹介し、生活の中にアートがあるライフスタイルを応援していきます。

 

今回紹介するモスリンさんは、学生時代のバンド活動の後、サラリーマン生活の長い音楽活動休止期間を経て、2001年2月音楽活動を再開した。

2007年後半より、地元鶴ヶ島市の児童館にエアコンを送ろうというチャリティーライブを、東武東上線若葉駅西口広場にて開催したり、

市役所で行われるライフワークバランス・コンサートのプロデュースを行うなど、地元に根ざした活動を拡大している。  

最近は2007年4月に、飯能市在住の陶芸家から入手した陶器製鼻笛を使った演奏を皮切りに、数少ないプロ鼻笛演奏家として演奏活動を行っている。

また、沖縄出身の有名バンド「ビギン」と普及版の鼻笛(フッピー君)を共同開発するなど、鼻笛普及活動に力を入れている。  

鼻笛愛好家の要望を受けて、全国で鼻笛教室も開催してきたが、現在ではより一層の普及をめざし、鼻笛を教えられる人を育てようと考えている。

mos_prf01

 

 

 

a-09

Author: ヒキコマ、ハジマル。