まるで四足動物!?ノルディックウォーク

最近、スキーのストックのようなポールを手に持ち歩く人をよく見かける。

「実はポールはとても重く、ウェイトトレーニングをしているのだ」などという想像を膨らませている人もいるかもしれない。

しかし、それは間違い。フィンランドからやってきた新たなスポーツで「ノルディックウォーク」という。

専用ポールの先端はゴム製で、手への衝撃を感じにくく、軽い。最近、このスポーツの健康効果が注目されている。

歩行時に2本ポールを補助的に使うことで、運動効果が増すという。全身の約90%の筋肉を使用する有酸素運動で、足首や膝、腰への負担も少ないらしい。普通のウォーキングに比べてエネルギー消費量が平均20%ほど高くなった、という実験結果もある。

筆者も数年前からこの運動を取り入れた。ポールを持っている時だけは、四足動物の気分。歩いていても疲労感が少なく、低山などは軽々と登れてしまう。会話をしながら歩ける程度の運動負荷が良いということで…おしゃべりまで上手くなった気がする。

参考:Wikipedia

◇教室情報
「ときがわ総合スポーツクラブ マイティー」ノルディックウォーク教室(昼夜開催)
無料体験あり。
問い合わせ:関口会長(℡0493・65・5131)またはホームページ( http://www1.ocn.ne.jp/~mighty/)

写真 2写真 1 (2)
写真 3

Author: ヒキコマ、ハジマル。