究極の自然農法 無肥料自然栽培

小さい子供が野菜を思わずかじるおいしさ

有機栽培は、化学肥料は使わないが有機肥料を使う。さらに進んで肥料も農薬も全く使わないのが無肥料自然栽培だ。

健康志向の高まりで、この究極の自然農法が今静かに広がりを見せている。富士見市とその周辺は、無肥料自然栽培を手がける農家が多く、先端地域になっている。富士見市の自然栽培農家で、推進グループnico(「和草(にこぐさ)」から由来、Natural and Independent Cultivation Organization =自然栽培&自律 [種・作物・関わるすべての人の自律] 栽培の定着を促進する団体)の会長である関野幸生さんにお話をうかがった。  続きはこちらへ   (金子豊治郎)

Author: ヒキコマ、ハジマル。