oyabunkoogose

日本初、最大級の雑誌図書館 大宅壮一文庫  越生分館には、遺品も展示

鋭い社会評論と、「一億総白痴化」など造語の名人としても知られたジャーナリスト、大宅壮一。大宅壮一の所蔵していた膨大な数の雑誌、書籍を受け継いだのが、日本で初、最大級の雑誌専門図書館である大宅壮一(おおやそういち)文庫(以下大宅文庫)だ。東京都世田谷区八幡山に本館があるが、実は越生町に分館がある。大宅文庫とはどのような図書館で、どのように利用できるのか。越生の分館は、どのような役割を果たしているのか。

続きはこちら

Author: ヒキコマ、ハジマル。