①復元された船着場

びん沼物語④昼間の渡し

びん沼物語④

旧荒川飯田河岸に、徳川家康ゆかりの「昼間の渡し」

地元有志が船着場を復元

 

びん沼川を、県道・船渡橋から北に300メートルほど上ったところに「昼間の渡し」の跡がある。その昔、徳川家康が関東に入国して間もない頃、日が暮れてこの渡しにさしかかった際、村人がたいまつとかがり火で迎え、昼間のように明るかったので、「昼間」の名をもらったとされる伝説の渡しだ。この「昼間の渡し」が地元有志によって復元されている。

鼻笛教室_kouza01

初級鼻笛講座 

場所:コミュニティレストラン ここほっと
(鶴ヶ島市五味ヶ谷230-3
開催予定時間: 3月13日(木)
14:30~15:30  講習
15:30~16:20  おしゃべりタイム

毎月第2もしくは第3木曜日に実施予定

講習料: 1,000円/1回 (ドリンク・ケーキセット付)
連絡先:モスリン
メール :mosurin@saitama.email.ne.jp
携帯電話:080-5414-9600
ホームページ: http://mosurin.town-web.net/music/

 

③びん沼調節池地図1

びん沼物語③

びん沼川は新河岸川のはんらんを防ぐ調節池
       洪水時には釣り場や公園も水没する

市民の憩いの場であり、釣り人のメッカであるびん沼川。このびん沼川は、実は洪水対策として設けられた調節池でもある。つまり、近くを流れる新河岸川の水位が上がり、洪水の恐れがある時に水を荒川に誘導したり一時的に貯める機能を持つ。ということは、釣り場も公園も、大雨が降ったら水没する可能性があるということ。このことは意外に知られていない。ご用心。

写真(小川食べ歩き) (800x598)

ヒキコマ ツアーズ

小川町のおいしいものを食べ歩く・町あるきツアー
 有機農業が盛んな小川町で、農産物と加工品を食べ歩く町歩きツアー「第2回有機と和紙のてくてく食べ歩き散歩」を1月18日、「NPO法人生活工房つばさ・游(ゆう)」(高橋優子理事長)が行った。12月に行った初回では町を散策しながら史跡や飲食店など約15カ所を訪ねた。

赤尾の地図

地図から始まる謎解き①

「どんな時に地図を見る?」と聞かれたら、私はこう答える。
「ヒマな時」と。地図には地形や道路や鉄道、地名などが記されているだけではない。バス停や交差点、橋などの名称に、ビックリするほどおかしな名前がついていることがあるのだ。そしてそれらの名前にはちゃんとした由来があると思う。だからそれを調べてみたら、きっとおもしろいに違いない。突然、そんな風に思ってしまったのだ。だって、それってパズルみたいじゃない?だったらやってみるしかない。ネ!・・・

E1334833384034_1-2

じもとの歴史講座

イベント名    じもとの歴史講座 「つるがしまの歴史」
ジャンル     講座
開催日    2014年02月19日  14:30~16:30
03月19日  13:30~15:30
開催場所    鶴ヶ島市市民活動センター (ワカバウォーク1F)
講師    鶴ヶ島市教育委員会 社会教育課 文化財担当
石井 良 氏
定員    先着30名
料金    無料
申込み   NPO法人広報じもと
TEL    049-257-8739